御宿かわせみについて

江戸情緒をたたえた捕物帳でロングセラーとなった、人気シリーズの新装版の第一作。
大川端にある小さな旅籠「かわせみ」。
若き女主人るいは、元・同心の娘。
都市を行きかう人びとがひと時のやすらぎを求めて投宿する。
ときに、表沙汰にできない厄介ごとを胸に秘めて……。
誘拐、詐欺、敵討ちなど、大小さまざまの事件に巻きこまれながら、るいは恋人の神林東吾と協力し、解決の途をさぐってゆく。
数度にわたりテレビドラマ化され、話題をとった人情譚。
ある朝、わが家を訪問したのは「ぼく」の弟を連れにきた刑事だった。
9歳の少女を殺した犯人として。
以来、ぼくの家族は、嫌がらせと写真のフラッシュにおびえて暮らすことになる。
事件を扱ったマスコミいわく、弟を殺人者にした要因はニュータウンの閉鎖性や母親のゆがんだ教育、氾濫するホラー映画など。
でも、そのどれもが的外れなことをぼくは知っている。
弟の心に潜む真実をぼくなりに理解しなくてはならない──。
少年の孤独な闘いと成長をみずみずしく描く、感動のミステリー。
妻はきっと不倫している――収入のない小説家志望の夫は、雑誌記者の妻に、日に日に嗜虐的になってゆく。
とことん追い詰められた妻は……「証明」。
農地が住宅地に変わってゆく。
新旧の住民が混じる町で起きた殺人の闇を描く「新開地の事件」。
努力の末、新興宗教の教祖になりあがった男の軌跡「密宗律仙教」。
夫の東北出張中に東京で妻が殺された。
夫の足取りは確認され、妻を訪ねた男の存在も。
しかし何かがおかしい?「留守宅の事件」。
日常に潜む惨劇を描いた傑作推理4篇!「水滸伝」「三国志演義」「金瓶梅」の四大奇書のひとつ。
唐の僧玄奘、すなわち三蔵法師の紀行という史実をもとに創作された妖怪変化、奇想天外、千変万化の物語。
軽妙酒脱な名訳で、孫悟空をはじめ脇役の活躍を活写。
ケルト的な妖精伝説がフランス中世の歴史と渾然となった壮大なロマン。
美しい妖精とレモンダンは運命的な出会いの結婚後、十人の子どもをもうけるが、夫が妻の秘密を見てしまったため妖精は去り、子どもたちにも数奇な運命が待っていた。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60007205

Ads by Sitemix