[コミック雑誌版]くノ一幻戯です。

“太平の世に蘇るか? くノ一の秘技!”――戦国時代のくノ一性技を指南している羅門という男がいた。
その頃、徳川綱吉はある難病に苦しんでいた。
顔も身体も獣の形になるという、前代未聞の恐ろしい奇病であった。
皮肉にも彼の時代は風俗文化が妖しく華やいだ――太平の世に密かに生き延びた真田くノ一の大技とは!?“大阪新地の遊女・和泉とささらが繰り広げる、男と女の究極の駆け引き!”――天神の位の遊女だった小主水姐さんは、身籠った子どもを堕ろすのが遅れ死の床にあった。
「珍しいことじゃない」と言った和泉だが、なんだか様子がおかしい。
人知れず涙を流す姿を見てしまった<ささら>は、和泉に酷く殴られてしまう。
また、和泉に頼まれた薬を調合しに行った団水。
調合してできあがる薬は“やや子早流し”の薬だと知る…。
“天下取りは戦国食にあり! 武将の食に学ぶ”――天正元年、秋。
一度は織田信長を窮地に追い込んだ浅井長政も滅び、負け組はみじめにも落ち武者狩りに怯えながら逃げまどうこととなった…。
そんなひとり、藤堂高虎の物語。
モチ食えば、もちっとガンバレそうな気が…「餅で城持ち」の巻。
“生涯不敗の剣聖・必勝の哲学!”――「空というからには始めも終わりもない。
道理を体得しては、それにこだわらない。
兵法の道は自然の道である…」(五輪書、空の巻) 両雄・宮本武蔵と佐々木小次郎が、ついに巌流島で一騎打ちをすることに! 人生の極意を示す五輪書物語、堂々完結!!“江戸北町奉行同心板見半蔵・かみそり半蔵の異名をもって天保の巨悪に牙をむく!”――恐怖と戦慄の別世界――小伝馬町大牢が破られた!! 囚人たちは広大な牢屋敷全部を押さえ、お奉行たちを人質にとった。
千人近くいる囚人を煽動しているのは、半蔵に恨みを持つ者ばかりだ。
自ら油をかぶり、死を覚悟の背水の陣で悪党どもに挑む半蔵! 悪い奴らにゃ容赦はしねえ、かみそり半蔵が身を捨てて討つ、天も驚く十手道を見よ!!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008554

Ads by Sitemix